車の静電気対策-真の原因は服の摩擦にあった?

寒い冬に車から降りるのが非常に憂鬱になる時があります。
「外が寒いから」というのもありますが、
一番大きな理由は「静電気が嫌だから」

特に車で外回りしている営業マンは常に車に乗って移動しているわけですから、
ある意味、静電気との戦いでもあります。

今回は静電気を帯びやすい筆者が静電気を帯電しやすい原因を分析し、
その対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク

静電気発生のありがちな場面-静電気あるある

静電気

私は車を運転して、その車から降りる時、ほぼ100%に近い確率で
静電気を帯電します。

ですので、降りて車のドアを閉めようとする時、
静電気がバチッとくるのがわかっているので、
デコピンのような感じでドアにちょっとずつ触れていき、
少しづつ放電させていくというやり方をとっていました。

それでも放電が完全になされていないと、コンビニなどでお釣りをもらう時に
「バチッ」ときたりする時もあります。
店員さんも「うわっ!」というような顔をしますし、非常に気まずい瞬間でもあります。

この”罰ゲームを受けている”感が本当に嫌なので、”打倒!静電気”の旗を揚げ、
なぜ静電気が発生するのか?予防・防止を図るにはどうしたらいいのか?について
納得いくまで調べてみました。

静電気発生の原因とは?なぜ帯電してしまうのか?

ドライブ

車の乗り降りの際になぜ静電気が発生しやすいのか?
政府機関である労働安全衛生総合研究所のHPによると、
衣服と車のシートによる摩擦が原因で静電気が発生しやすくなる
書かれています。

しかも冬場のように空気が乾燥していると、さらに静電気の発生量は増えるようです。

不快なショックをもたらす静電気は衣服と何物かの摩擦で生じます。
この何物かは,車であればシートであり,冬着であればオーバーコートです。

密着しているときは何でもありませんが,シートから腰を浮かしたり,
オーバーコートを脱ぎ捨てた瞬間に着衣に静電気が発生します。
これを摩擦帯電とかはくり帯電と呼びます。
空気が乾燥しているほど静電気の発生量は増えます。

*独立行政法人労働安全衛生総合研究所「静電気ショック!感じやすい人・感じにくい人」より引用

摩擦と乾燥
これが車の乗り降りの際に静電気が発生しやすい原因だ、とする説が
ネット上でも多く見受けられます。

もう少し詳しく見ると…

運転していると、背中とシートが細かく擦れますので、
摩擦が生じ、体に電子が帯電しやすくなる、
それで金属などに触れると放電し、バチッとくるとのことです。

夏であれば、空気中に湿気が多いので、自然放電しやすいのですが、
冬は乾燥しているので、自然放電がしづらく、よりバチッとなりやすい、
それが静電気発生の原因である、という理論が車で静電気が発生しやすい原因説の
主流になっております。

静電気発生の原因は車のシートと背中の摩擦…本当にそうなのか?

但し、上記の説で言うと、説明できない事例が2つあるのです。

駐車場

1つ目はシートと背中に摩擦がなかった状態でも
私は静電気を帯電することがあった
という事実です。

先日、たまたま駐車場での車の止め方が悪かったので、
1mだけ車を動かさないといけないケースがありました。

その時から静電気が嫌だったので、自分なりに原因を調べていて
とにかく背中とシートとの摩擦だけには注意し、シートにもたれないようにして
車を1mだけ動かして、エンジンを切りました。

「シートと背中の摩擦が無かったことは自信をもって言える!
私は絶対に静電気を帯電していない!」
と確信をもち、
玄関ドアののぶに手をやった瞬間、「バチッ!」と静電気がきました。

不意打ちだったので、その時はダチョウ倶楽部のような
オーバーリアクションをしてしまいました。

「背中の摩擦、関係ないじゃないか!」という思いが
今でも根強く残っています。

妻

2つ目は私の妻は冬に車を運転しても、静電気とは
無縁の生活を送っている
という事実です。

妻は座席のシートにもたれずに運転しているわけではありません。
背中とシートは接触しているにも関わらず、全く静電気を帯電せずに
車から降りて、ドアを開けているわけです。

私が車から降りて、ドアを閉める際に、恐る恐るデコピンしながら
放電を行っている様を見て、
「何やっているの?全く理解できないわ…」
と言ってのけているわけです。

この事例を見ても、やはり車のシートと背中の摩擦だけが原因だというのは
説明がつかないですよね?私も納得できません。

静電気が生じやすい体質はあるのか?

体質

じゃあいったい何が原因なのか?もしかして体質が原因?とも考えました。

一般的には、生活リズムが乱れているドロドロの血液の人は
静電気を帯びやすいといいます。
血中のマイナスイオインが不足しているので
いつもプラスの電気を帯びた状態に偏っているそうです。

なので、マイナス電子を常に呼び寄せようと、帯電体質になり
静電気が発生しやすい体になっているとか。

ただ、基本的に私はたばこもアルコールも摂取していないですし、
血液はきれいな方だと思います。

食事は妻と同じものを食べていますので、
それで私だけ静電気を帯電しやすいというのは少し違和感があります。
これも釈然としません。

静電気発生の原因は実は衣服にあり

ダウン

ネットでいろいろ調べていると、
ユニクロの「ウルトラライトダウン」を着ている人は静電気がすごい!
という口コミを見かけました。

「あ!もしかしたらこれかも!」と思ったので、
掘り下げて調べてみました。

で、結論から言うと、
私が静電気を帯電しやすい原因は衣服にあるということが判明しました。

もっと言うと、
「素材の異なる服通しの摩擦から静電気が発生し、静電誘導によってバチッとくる」
のが真因であると考えるようになりました。

スポンサードリンク

ちょっと小難しい言葉で説明しましたので、以下より
かみ砕いて説明させて頂きます。

ユニクロのウルトラライトダウンは静電気を帯びやすい?ヒートテックは?

私は近所に車で買い物に出かける時、ユニクロファッションで外出することが多いです。
で、ユニクラー?の方々、この時注意して頂きたいのが衣服の素材です。

以下のリストを見て頂けますでしょうか?

帯電列

これは「日本科学未来館のブログ」の情報をもとに、
私がまとめたリストになります。

摩擦が生じると、物質がプラスかマイナスかどちらかに帯電しやすくなるのですが
これは素材によって異なるわけです。

例えばウールの場合はプラスに帯電しやすくなりますし、
アクリルの場合はマイナスに帯電しやすくなるわけです。

マイナス電子とプラスの電子が引き合って静電気が発生するわけですが、
この表で近い位置にあるものどおしで摩擦があった場合は
比較的静電気が発生しずらく、遠くになるにつれて静電気が発生しやすい

ということになります。

なので、ウルトラライトダウン(ナイロン:プラスに帯電)
インナーに化学繊維品(ポリエステル:マイナスに帯電)を着ていたら…
静電気が発生しやすくなります。

図で見るとこんな感じです。

摩擦図

で、プラスに帯電している状態で、
マイナスの導体である金属に触れようとすると
プラスの電子がマイナスに引きつけられ、バチッとくるわけです。
これを静電誘導といいます。

ドア 静電気

ウルトラライトダウンだから静電気が起こりやすい、
ヒートテックだから静電気が発生しやすい、というわけではなく
服の組み合わせが悪いから静電気が発生しやすいということです。

よくよく考えてみると、私の妻はアトピー持ちで着るものの素材には
相当こだわっています。
化学繊維品は基本着ないですし、綿系のものが多いですね。

だから服通しが摩擦しても、静電気が起こりづらいということで説明がつきます。

髪の毛に下敷きをこすりつけると静電気が発生するのは?

ちなみに小さい時によく髪の毛に下敷きをこすりつけて
静電気が出るのを楽しんでいましたよね?
これも同じ理屈で説明がつきます。

下敷き

下敷きは塩化ビニールなので、摩擦が発生するとマイナスに帯電します。
一方、人毛はプラスに帯電し、プラス電子はマイナス電子に引かれるので
髪の毛が逆立つのです。

しかも塩化ビニールと人毛は先ほどの帯電列のリストによると両対極にありますので、
強烈な静電気が発生するわけです。

車の静電気対策 結局、どう予防したらいい?

車のシートと服の摩擦もそうですが、違う素材の服通しの摩擦でも静電気が発生します。
なので、対策としては服の組み合わせを考えましょう、という話になるのですが、
寒い冬、ウインドブレーカーやウルトラライトダウンって手放せないですよね?

原因がわかっても、私としてはちょっと対策が取りづらいです…

でも静電気の「バチッ」とくるあの感じは避けたいし、どうしたものかと
思い悩むところです。

ここでは「静電気を帯電しないようにするには?」という対策ではなく、
「静電気は帯電するものだ、でもバチッとくるのは嫌だ! どうやって自然放電させようか?」という話で対策を考えたいと思います。

車の降り方に注意する

これは車から降りる時にドア(鉄の部分)をさわりながら、
足を地面につけるというやり方になります。

ドアノブ

注意しないといけないのは足を地面につけるまでドアから手を離さないこと
ちょうど足がアースの役割をして放電する形になるのです。

静電気除去グッズで防止する

私が使用している静電気除去グッズに
ぺんてるの「ビーシェイプ/EASB3」があります。

ぺんてる キーホルダー

こんな感じのキーホルダーです。
使い方は簡単です。
キーホルダーの本体を握って、先端の導電ゴム部でこれから触れようとする金属部分に
タッチをするだけです。

キーマーク

静電気が除電されるとこんな感じでインジケーターにマークが出ます。
これであの嫌な「バチッ」から解放されるわけです。

便利な世の中になりましたね。
画期的な発明だと思います(笑)

私は今、もっぱらこのぺんてるの高性能なキーホルダーで
静電気対策を行っています。

ちなみにこのぺんてる「ビーシェイプ/EASB3」はアマゾンや楽天でも購入でき、
価格帯は約700円位で買えます。

もし不幸にもこのキーホルダーを忘れてしまったら…
先ほどの労働安全衛生総合研究所のHPにもありましたが、
革製の財布を手に持って、ドアノブなどの金属部にタッチすると放電されます。

財布

同じ原理ですよね。
ただ財布が痛むようなイメージがありますので、私は基本、
ぺんてるの静電気除去キーホルダーで除電しています。

まとめ

いかがでしょうか?

車の静電気は異なる素材の摩擦によって生じ、
静電誘導によってバチッときます。

もし静電気を発生させたくないのであれば、
服の組み合わせに注意しましょう。

静電気が生じることを前提に上手に自然放電させたいのであれば
以下の2つの方法がおすすめです。

  • 車からの降り方に注意する
    降りる際にドアをさわりながら、足を地面につけ、放電させる
  • 静電気除去グッズで除電する

うまく自然放電させて、あの嫌な「バチッ!」からおさらばしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top