STC Associate(安全保障輸出管理実務能力認定試験) 2週間で合格した効率的な勉強法

私は本業で貿易関係の実務を行っていますので
会社から「STC Associate」の資格を取るように推奨されています。

最初、STCを聞いたときは
「何だ、STCって?小川直也の必殺技?」と思いましたが
輸出業務を携わる人間にとってはメジャーな資格のようです。

「STC」とは、”Security Trade Control(安全保障輸出管理)”の略で
企業の輸管事故対策、コンプライアンスの徹底を目的とした
CISTEC(安全保障貿易情報センター)主催の民間資格のことです。

今回この資格をとるために私が2週間の勉強で効率よく合格した勉強法について
ご紹介いたします。

スポンサードリンク

STC Associate(安全保障輸出管理実務能力認定試験)とは?概要

過去問

STC Associate試験は○×問題形式で全部で25問を解く試験になります。
時間は45分ありますが、普通に勉強していれば20分位で全問解けますので
時間が足りないということはありません。

出題は
「外国為替及び外国貿易法第25条及び同法第48条第1項に関する輸出管理実務」
になります。

STC Associateの難易度や合格率は?

合格率
*引用:CISTEC 合格率の遷移

STC Associateの難易度は簡単な部類だと思います。
ちなみに合格率は73.9%で、かなり高いです。

合格基準に関しては、日本を代表するメーカーや総合商社等における
輸出管理・法務の責任者・有識者のご意見を参考にして定めているそうです。

何点以上で合格という決まりはないのですが、
過去の基準から見ると、20点以上とれば合格の可能性は高いです。

STC Associateの試験日程の目安

STC Associateの試験日程は年3回あり、目安としては以下になります。
土日開催ではなく、平日に開催されますので、
会社の半休をとって試験を受けに行く必要があります。

①6月下旬頃
②10月下旬頃
③1月下旬頃

申込み受付は東京・大阪・名古屋会場で実施しており、
申し込み締め切りは2週間前となっています。

STC Associateの試験申し込みの流れ

まずは以下のCISTECのページから試験申し込みを致します。

こちらから申し込み

すると、CISTECからメールで受験票が送付されてきます。
受験票には以下の記載があります。

[当日持参していただくもの]
□受験票(A4)
□身分証明書(顔写真・氏名・生年月日が全て確認できるもので
現在有効なもの。下記のaからfまでのいずれかに限る。)
a.運転免許証
b. パスポート
c. 住民基本台帳カード
(顔写真・氏名・生年月日の記載があるものに限る。)
d. マイナンバー個人番号カード
(顔写真・氏名・生年月日の記載があるものに限る。)
e. 社員証(顔写真・氏名・生年月日の記載があるものに限る。)
f. 社員証(顔写真・氏名のみ)+健康保険証 or 住民票
★当日、aからfのいずれかを持参しない場合は
いかなる理由があっても受験できません。
★上記aからfのいずれかを当日持参できない場合は
必ず事前に事務局までご相談下さい。
□筆記用具
・HB又はBの鉛筆・シャープペン(ボールペンは不可)
・消しゴム(プラスチック消しゴム)
□腕時計
時計が必要な方は各自持参してください。
※携帯電話を時計の代わりに使用することはできません。
※情報通信機能・ネット通信機能のある時計や、音を出す時計などは使用できません。

[注意事項]
*試験開始から10分以上遅れると受験できません。
時間には余裕を持ってお越しください。
*この受験票は合格発表まで必ず保管してください。

当日はこの受験票(メール本文)をもって
試験会場に行きますので、大事にプリントアウトしておきます。

受験料の支払いに関し、一般的には前払いなのですが、
この試験に関しては、後払いになります。

試験日当日に請求書が発送され、その請求書に対して
指定期日までに銀行振り込みするらしいです。

受験料も払っていないのに受験しにいくのは
ちょっと調子が狂いますが、そのような流れになっています。

STC Associate試験 本番

会場

試験は15時から15時45分の間になるのですが、
試験に当たっての注意事項の説明等に15分使いますので、
14時30分までにはトイレもすまし、着席しておく必要があります。

ちなみに試験は45分で行われますが、
20分経過後、試験監督から退出してもいいという合図がされます。

私は20分で見直しチェックも含め、問題を解いていましたので
速やかに退出しました。

STC Associate試験 私の勉強法

私の勉強法は基本的には「過去問を回す」というやり方になります。
日本の資格試験はよほどの難関資格でない限り、これでいけると思っています。

「STC Associate試験」の過去問はどこにあるかというと
CISTECのHP上から無料で見ることができます。
過去問掲載ページはこちら

私はここで過去15回分の過去問をプリントアウトし、2回まわしました。
やったことは本当にこれだけです。問題集も参考書も買っていません。

STC Associate試験 勉強時間は?

私の場合、過去問1周目はいきなり解説や答えを見ながら
過去問を解き始めるというやり方をしています。

過去問1回分につき、
問題を解くのに20分、解説を読んだり考えたりするのに10分で
合計30分かかりました。
それが15回分になりますので過去問1周目は
30分×15回=450分かかりました。

2周目は、試験さながらに回答していくやり方をとりましたので
過去問1回につき15分、答え合わせに5分で合計20分、
それが15回分になりますので20分×15回=300分かかりました。

過去問2回まわすのに合計750分、12.5時間の計算になります。
1日1時間の勉強として、14日間あれば十分合格できるレベルの試験だと思います。

ただ、私は普段から貿易実務を仕事をしており、
用語のとっつきづらさはない状態ですので全く貿易用語を
見聞きしたことがない人であれば、もう少し時間が必要かもしれません。

STC Associate試験 私が振り返る試験のポイント

私が過去問を回していく中で
知識を整理しておいた方がいいと思った箇所を
まとめてみました。

基本的にはSTC Associate試験は簡単な問いが多いですが、
輸出管理レジームや少額特例、一般包括許可は
ポイントを押さえておく必要がありますので参考にしてみてください。

国際輸出管理レジーム

ポイントは何を背景としてそのレジームが発足したか?
大量破壊兵器を規制するものか通常兵器を規制するものか?
中国やロシアが参加しているのはどのレジームか?などを押さえておけばいいと思います。

■原子力供給国グループ (Nuclear Suppliers Group, NSG)
1974年にインドが核実験を成功させたことを背景として、
核兵器などの大量破壊兵器の輸出規制を目的として発足。中国はここだけ参加。

スポンサードリンク

■オーストラリア・グループ (Australia Group, AG)
イラン・イラク戦争における化学兵器使用を背景に
1985年にオーストラリアの呼びかけで発足。
化学兵器や生物兵器等、大量破壊兵器の輸出規制を行うことが目的。

■ミサイル技術管理レジーム (Missile Technology Control Regime, MTCR)
1980年代初頭におけるミサイル開発の活発化を背景に
核兵器の運搬に寄与し得るミサイル、その部分品及び製造設備等の
大量破壊兵器の輸出規制を行うことを目的として発足。

■ワッセナー・アレンジメント (The Wassenaar Arrangement, WA)
地域の安定を損なうおそれのある通常兵器の過剰な蓄積を
防止する観点から輸出管理を行うことを目的として1996年に発足。
*参考:外務省 国際輸出管理レジーム

過去問例

  • 通常兵器キャッチオール規制は国際輸出管理レジームであるMTCRでの合意に基づき
    実施されている。
    (第25回) ⇒×
  • 中華人民共和国はすべての国際輸出管理レジームに参加している。
    (第25回) ⇒×

少額特例

該当品で少額特例できる項番は何か?金額はいくらまでか?
少額特例が適用できるのは出荷ごとか、契約ごとか?などがポイントです。

少額特例
*参考:経済産業省 少額特例

過去問例

  • 大阪にあるポンプメーカーAは輸出例別表第1の3の項に該当する
    ポンプ2セット(総価格20万円)をフランスにある大手化粧品メーカーBに
    輸出する予定である。
    この場合、ポンプメーカーAは輸出令第4条第1項第五号の少額特例が適用できるので、
    輸出許可は不要である。
    (第25回) ⇒×
  • 大阪にある貿易会社Aはシカゴにある自動車メーカーBより1つの注文で
    輸出令別表第1の6の項(1)に該当する軸受X(価格90万円)及び
    輸出令別表第1の6の項(6)に該当する測定装置Y(価格95万円)の注文を受けた。
    この場合、貿易会社Aは少額特例が適用できるので、輸出許可を取得する必要はない。
    なお、輸出令別表第1の6の項には告示貨物はない。
    (第23回) ⇒○

申請先

各種申請の申請先について整理しておきましょう。
覚えているか覚えていないかの暗記のみです。

申請先

過去問例

  • 個別輸出許可の申請先は貨物の種類、仕向け地に関係なく、
    経済産業省安全保障貿易審査課に申請する。
    (第28回) ⇒×
  • キャッチオール規制の許可申請は、安全保障貿易審査課に行う。
    (第28回) ⇒○

一般包括許可・特別一般包括許可

一般包括許可・特別一般包括許可 は失効要件を覚えておきましょう。
また以下の表は丸暗記必要です。

一般包括
*引用:経済産業省HP

過去問例

  • 一般包括輸出許可で適用できるリスト規制該当貨物をドイツに輸出する案件で、
    その用途に核兵器等開発等以外の軍事用途の疑いがあることが分かった。
    この場合、一般包括輸出許可の適用は可能であるが、当該輸出を行った後に
    当該輸出の内容について経済産業大臣に報告が必要である。
    (第17回) ⇒○
  • 名古屋にある貿易会社はインドネシアにある企業に
    特別一般包括輸出・役務取引許可を使って、輸出令別表第1の6の項に該当する
    工作機械(800万相当)を輸出しようとしたところ、戦車の製造に用いると
    連絡を受けた。
    この場合、特別一般包括輸出・役務取引許可を使用して、
    当該工作機械を輸出した後に経済産業省に届け出る義務がある。
    (第33回) ⇒×

キャッチオール規制の輸出許可

基本的にキャッチオール規制はホワイト国は対象外です。
客観要件とインフォーム要件があり、別表第3の地域以外の輸出については
経済産業省からの通告がない限り、客観要件(用途、需要者確認)を
注意していればOKです。

キャッチオール
*引用:経済産業省 補完的輸出規制(キャッチオール規制)

過去問例

  • 大量破壊兵器キャッチオール規制の要件にはインフォーム要件と
    客観要件があるが、前者のインフォーム要件については貨物の場合、
    輸出者が輸出令別表第1の16の項に該当する貨物を本邦から輸出するまでに
    「経済産業大臣から許可の申請をすべき旨の通知」があるので、
    通常、輸出令別表第3の地域以外への輸出については
    後者の客観要件に注意すればよい。
    (第33回) ⇒○
  • 東京にある電機メーカーAは韓国にある造船メーカーBより
    輸出令別表第1の16の項に該当するマイコンの注文を受けた。
    用途を確認したところ、韓国軍で使用する軍艦の製造に使用すると
    電子メールで連絡を受けた。
    この場合、通常兵器キャッチオール規制の用途要件に該当するので、
    電機メーカーAは輸出許可が必要である。
    (第28回) ⇒×

その他

その他、よく出てくる問題として
以下のポイントを押さえておくといいです。
覚えているか覚えていないかだけなので、暗記しておきましょう。

  • 輸出許可が必要なものを許可を得ずに不正輸出した場合の罰金
  • 文書保管義務の年数
  • 一般包括許可・個別輸出許可の有効期限
  • 非居住者の定義と居住者に含まれる条件(雇用があった場合)
  • 無償告示の条件

過去問例

  • 外為法では輸出許可が必要な2億円の半導体製造装置を不正輸出した場合、
    輸出者に対して10億円までの罰金を科すことができる。
    (第25回) ⇒○
  • 規制貨物等の輸出等に係る文書または記事媒体は貨物が輸出された日または
    技術が提供された日から起算して少なくとも10年間保管する必要がある。
    ただし、核兵器等関連貨物・技術を取り扱わない企業は少なくとも
    7年間は保管する必要がある。
    (第17回) ⇒×
  • 個別輸出許可証の有効期限は許可を受けた日から原則6か月である。
    (第22回) ⇒○
  • 東京にあるT大学工学部教授の甲は実験で頻繁に使用する測定装置に
    慣れてもらうため、当該装置の英文の操作マニュアル
    (外為令別表の2の項に該当する技術)を来日3か月目のシンガポール人留学生乙に
    貸し出す場合、研究目的であれば、役務取引許可は不要である。
    (第17回) ⇒×
  • ドイツにあるメーカーAは東京で行われる国際見本市に
    輸出令別表第1の3の項(2)に該当する貯蔵容器Xを出品し、
    国際見本市終了後にそのままドイツに持ち帰る予定である。
    ドイツに戻す場合、メーカーAは貯蔵容器Xについて輸出許可は不要である。
    (第29回) ⇒○

まとめ

いかがでしょうか?
STC Associate試験は貿易実務(特に輸出)に携わっていれば
とっつきやすく、簡単に思える試験だと思います。

たまにひっかけ問題がありますが、そこは捨ててもいいくらいの気持ちで
取りこぼしのないようにしていくことが重要です。

これまでの傾向から25点中20点(できれば21点)とれば合格なので
4問-5問は間違えてもいい、という逆転の発想で
気楽に試験にのぞめばいいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top